有機肥料を使った野菜を購入できるサービス

有機野菜通販

有機肥料を使った野菜を購入できるサービスは、地球環境の保護を推進するためにも、極めて有効なものです。原料になっているものは家庭から出される生ゴミをはじめとして、牛糞や落ち葉などで、場合によっては単なるゴミとして処分されてしまう材料です。

 

ゴミになってしまう材料を有効に使うために、微生物の力を借りて発酵を行うことで、完熟させた有機肥料が完成します。これを土に戻せば、土壌の中で生息する微生物の活動が非常に活発になり、肥沃な畑に生まれ変わります。このような畑で育てた野菜は味が濃くなるだけでなく、比重も大きくなるため、有機栽培の完熟トマトが水に沈むことも知られています。

 

農薬や化学肥料を多用する畑では、土壌が疲れきった状態になりますが、有機肥料を使う場合には生命力が豊かな状態になることは、先人たちが身を持って経験してきたことです。昔ながらの野菜の味が懐かしい人は、購入できるサービスで味を確かめることで、本来の味覚を刺激することもできます。トマトなどの果菜は見事に完熟して、本来の甘さや旨味が生まれます。人参や大根などの根菜は、大地が蓄えた自然の養分を十分に吸収するため、土の香りがしっかりと残る形になります。

 

有機野菜の定義

有機野菜の定義について解説します。
有機野菜というのは、ただ単に無農薬野菜ということではありません。
定義がありまして、農林水産省で制定している「有機JAS規格」に適合した生産条件の
もとでつくられ、またその登録認定機関にその適合性が認められたお野菜のことを指します。
*単年作物(葉物野菜など)場合は2年以上、永年作物(ジャガイモなど)の場合は3年以上
禁止農薬や化学肥料を使用せずに栽培していること。
*圃場や畑、施設や用具に農薬や化学肥料の混入や飛散がないこと。
*遺伝子組み換え野菜でないこと。
*害虫防除の際に農薬に頼らないこと。
ということが定義とされています。
また、有機 野菜と認められた商品には緑色のJAS認定マークがついています。
それに対して無農薬野菜というのは、栽培期間中に農薬を使わずに生産したお野菜のこと
です。
前年度に農薬や化学肥料を使っていても、それがその土壌に残っていてもつくった年度に
農薬を使用しなければ、無農薬野菜と呼ばれるのです。
比べてみると、無農薬野菜は栽培中は農薬を使っていませんが有機野菜では、有機JAS法

で禁止されていない農薬が存在します。
現実を知ってしまうと、農薬や化学肥料を排除したもので安心というイメージを持つ有機野菜や
無農薬野菜ですが100%ではないという事実は知っておくべきです。
でも、ほかの野菜より手間ひまもかかっていることは事実ですから安全性も低くはありませんし、
栄養価も高いものと言えるのですが、もっと安全性の高い栽培方法があれば、なお安心できます。
食べ物は私たちの健康と直結するものですから、食の安全性に目に向けていきたいものです。

 

 

無添加食材を配達してくれる通販サービス

野菜だけではなく無添加の食材を配達してくれるサービスはこちらでチェックできます。

 

>> 無添加食材を配達してくれる通販サービス

 

無農薬の玄米を購入できる通販サービス

玄米にも無農薬で育成された安全なお米があります。
無農薬玄米についてはこちらでチェックできます。

 

>> 無農薬の玄米を購入できる通販サービス

 

 

無農薬米はどのように生産されているか

無農薬で生産されているお米はどのような方法で育てられているかを解説しているページはこちらです。

 

>> 無農薬米はどのように生産されているか

 

野菜の自然農法について

野菜には自然農法という方法で育てられたものもあります。
その育成方法などについて解説します。

 

>> 野菜の自然農法について

 

有機野菜を自宅で育てる方法

有機野菜を自分自身で育てるためのコツなどを紹介しているページはこちらです。

 

>> 有機野菜を自宅で育てる方法

 

宅配食サービスの一覧をチェックできるサイトはこちらです。
>> 宅配食

 

 

 


更新履歴